• 【商業部会】「変革を担う、女性であること」 課題解決能力の高い女性リーダーの養成について

    【商業部会】「変革を担う、女性であること」 課題解決能力の高い女性リーダーの養成について
    講師 津田塾大学 学長 髙橋 裕子氏
    開催日時 2019年12月5日(木) 
    会場 KCCIホール(川崎フロンティアビル2階) 詳細
    料金(税込) 会員および学生:無料 その他非会員:2,000円
    定員 100名
    世界経済フォーラムが発表した男女格差を示すジェンダーギャップ指数(2018年12月)を見ると、日本は149か国中110位と今も低迷しています。ダイバーシティ(多様性)を推進していくうえでも、政治・経済分野でリーダシップを発揮する女性の輩出は喫緊の課題です。
     このような状況下で、「変革を担う」女性はどのように育成されていくべきなのでしょう。少子高齢化、過疎化などが進み、課題先進国と言われる今の日本で、課題解決能力の高い女性リーダーの養成にどのように取り組んでいるのか、津田塾大学での取り組みをご紹介頂きながらご講演頂きます。
     

    【講師】
    津田塾大学 学長 髙橋 裕子氏
     
    <プロフィール>
     津田塾大学教授。同大学英文学科卒業、筑波大学大学院(国際学修士)、米・カンザス大学大学院(M.A., Ph.D.)などを経て、1997年から同大学専任教員、2016年4月より現職。川崎百合ヶ丘ロータリークラブ ロータリー財団奨学生(1982-83)。フルブライト客員研究員(スタンフォード大学, 2003-04, ウェルズリー大学, 2013-14)。
     専門は、アメリカ社会史(家族・女性・教育)、ジェンダー論。著書に、『家族と教育』(明石書店、2011年)(共編著)、『女性と高等教育- 機会拡張と社会的相克』(昭和堂、2008 年)(分担執筆)、『津田梅子の社会史』(玉川大学出版部、2002 年)(単著)(アメリカ学会清水博賞)等。アメリカ学会会長、日本学術会議連携会員。
     
    <申込、問合せ先>
    川崎商工会議所 中小企業振興部 TEL:044-211-4114